風のように〜daisy〜デイジー

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧




キャンプレポートin御殿場20061013−5

陽が落ちるのがこの時期は早い。
そういえば1年前も2年前もちょうどこの時期に西伊豆雲見にて
キャンプをしていたはず。
前の週は大体天気が荒れるがこの週は比較的良好。
毎年この時期はキャンプに最適。
     ♬♬♬
午後4:30くらいにキャンプ場に戻り宴準備。
その前にまずはビールで乾杯。
何故か野良犬だと思われる珍犬の珍入もあり、
いつものようにダラダラと宴が始まる。
本当に毎回思うことであるが、
お酒があってつまみがあって焚き火があるだけなのに
なんでこんなに楽しいのだろう。
焚き火を見ているだけで気持ちが癒されていく。
日常のしがらみや思い出しくもないつらい出来事も
全て浄化されていくようだ。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_1855347.jpg


f0046250_18554674.jpg


f0046250_18555919.jpg


f0046250_18561195.jpg


f0046250_18562352.jpg


f0046250_18563555.jpg


f0046250_18564592.jpg




by bikechin | 2006-10-30 18:51 | チンコ隊 | Comments(0)

キャンプレポートin御殿場20061013−4

すでに安井隊員も到着済み。
テントの設営も終了済み。
今回安井隊員はいつものモンベルサイドバッグではなく、
いわゆるコンテナのようなケースに荷物を入れて参上。
これがまた旅の香りプンプンでいい雰囲気を醸し出している。
値段も手頃だし、防水だし、頑丈だし、テーブル代わりにもなるし
言う事なしでしょう。
     ♬♬♬
早速俺もテント設営にとりかかるが、毎度のことでのんびりやるから時間がかかる。
メンバーは朝から何も食べてないし、御殿場アウトレットモールで
みんなで寿司を食べ予定だったが、俺は先に食事を済ませていたので
とりあえず安井隊員と福島隊員を先に行かせ俺も後から合流することに。
コールマンで待ち合わせ。
福島隊員はダッチオープンを何が何でも買うとはりきっていたが、
あまりの重さに断念。こんなところでチンカス根性が出てしまう。
結局福島隊員は電池式のランタンを購入。
俺は3点盛りができる皿を2枚購入。
意外に安かった。
南町田グランバリーモールのモンベルで
スノーピークの商品を見た時は¥1800以上したのに、
コールマン商品は¥1000しなかった。
なんか得した気分だった。
     ♬♬♬
アウトレットを出発し今夜の宴会用食材調達のためにお得意のスーパー青木へ。
しかし、一つ一つの食材が高い。
東京より高かったんじゃないかな?
それにあまり商品も多くなかったし。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_2130205.jpg


f0046250_21303633.jpg


f0046250_21304871.jpg


f0046250_21305937.jpg


f0046250_21311616.jpg




by bikechin | 2006-10-26 00:08 | チンコ隊 | Comments(0)

キャンプレポートin御殿場20061013−3

AM10:30頃に福島隊員からキャンプ場到着のメール。
チェックインが10:10のキャンプ場だからまあ理想でしょう。
俺の予定としては前回長野にキャンプした時に走った富士山スカイライン経由で
行くつもりをしていたのであるが、先に誰かがチェックインしたとなると
早く俺も行かなければという衝動にかられ、立ち寄りスポットは
全てキャンセル。
やっぱり誰かが先に待っているというのは嬉しい。
焦らず急がず、そして、何度か地図で道を確認しながら
なんとかキャンプ場にお昼頃到着。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_21343123.jpg


f0046250_21344458.jpg


f0046250_21345668.jpg


f0046250_2135950.jpg


f0046250_21352258.jpg


f0046250_21353327.jpg




by bikechin | 2006-10-23 21:35 | チンコ隊 | Comments(0)

キャンプレポートin御殿場20061013−2

世田谷通りからR16まではなんとかよかったが、そこからが迷った。
地図を確認する限りは迷うわけはないのであるが、
そこはツーリングマップル関東版。やってくれます。
R129には合流するわけでもなく手前でR129は終わっていたわけで、
そのままR16のままはいいのであるが、
R413で左に曲がるわけなのであるが、結局わからず
町田街道へ突入。
迷いに迷ったがなんとか最終的にはR413に合流できた。
はっきり言って地図が悪いと思うのだがみんなはどうだろう?
     ♪♪♪
津久井湖の横を抜けて行くのであるが、平日なのにあり得ない大渋滞。
なんでこんな道が???
まあ確かに甲州街道に抜ける道なのであるが、、、。
ちょっと計算外だった。
しかし、後で地図を確認すると確かに「渋滞」の文字が!
なんとか甲州街道に合流しその後は比較的順調に進んだ。
県道35号も渋かったな〜〜〜。
こうして色々な道を走っていると昔は気にもとめなかったが、
整備されている道とそうでない道、、、。
こういうところで地方行政が見え隠れしてしまう。
東京から100kmもおそらく離れていないところで
相当な田舎景色になる。
家賃の相場だって東京に比べれば相当安いはず。
一体東京っていう街は???何者なのか???
     ♪♪♪
マラソン大会途中の高校生の集団とすれ違う。
みんな首から鈴をぶら下げていたのであるが、熊よけ?なのであろうか?
まさかいくらなんでもね?山梨辺りで?
しかし、おもしろかったのはみんなグループ単位で走っていて、
そのグループが似た者同士が集まっていておもしろかった。
不良は不良で、勉強チームは勉強チームで、
ちょっと栄養取り過ぎでしょうというチーム、、、。
自分の高校の頃を思いだしたりもした。
     ♪♪♪
トリップメーターが故障でゼロを指したままだから
一体どのくらい走ったのか見当もつかない。
見当がつかないゆえ、いきなりR139に合流した時は嬉しかった。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_17584383.jpg


f0046250_17585659.jpg


f0046250_1759856.jpg


f0046250_1759218.jpg


f0046250_17593416.jpg


f0046250_17594573.jpg




by bikechin | 2006-10-22 21:44 | チンコ隊 | Comments(0)

キャンプレポートin御殿場20061013−1

何故こうにもキャンプの準備に手間取るのか?
毎回のことであるが事前にある程度の準備はしてあるものの
最終段階で時間がかかってしまう。
まあ準備と言ってもたいしたことはではなく
単純にキャンプの荷物をバッグに振り分けるだけなのであるが、、、。
いつも通りサドルバッグの準備は事前にOK。
ドライダッフルとジャイアントダッフルに
テントやシュラフ、着替えやガスなどを順番に整理しながら
入れていくのであるが何故か時間がかかる。
前日11:00くらいになんとなく就寝。
眠るぞ!と気合いを入れて眠ったわけではないので
中途半端に午前2:00頃目覚める。
案の定疲れたまま、2度寝するわけにはいかないので準備にとりかかったわけであるが、小1時間もあれば終わるだろうと思いきや3時間もかかってしまった。
今だに謎だ。
     ♪♪♪
なんだかんだと荷物を積み込み
なんとか予定より遅れたものの午前6:00過ぎには出発。
今回は難波隊員のリクエストもあり箱根近辺。
御殿場に決まったのであるが肝心の難波隊員が都合で不参加。
「難波隊員よ!トラブルに負けるな!」
     ♪♪♪
まずはガソリンの補充。
自宅からすぐの所に24時間営業のスタンドがあるのはこういう時に
本当にありがたいものだ。
トリップメーターをゼロにリセットしいざ出発。
しばらく走ったところでトリップメーターを確認するが、
全く動いてない。
接触かな?と思いもう1度セットするがやっぱり動かない。
と思いきやスピードメーターも動いてないではないか!?!?!?
微妙にショックであったがまあしょうがないと気を取り直してGO。
     ♪♪♪
行きは高速を使わないと決めていたので、下道をひたすら走る。
東名高速を使えば用賀〜御殿場までは1時間足らずなのであるが、
それじゃやっぱりつまらない。
だったらR246?か?これもいつもの道なので
今回は世田谷通り〜都道R57〜R16〜R129〜R413
〜甲州街道〜県道R35〜R139〜R138〜R469〜キャンプ場というルート設定。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_1654443.jpg


f0046250_1654161.jpg


f0046250_16543099.jpg


f0046250_16544151.jpg




by bikechin | 2006-10-21 19:26 | チンコ隊 | Comments(0)

北海道シンプルレポート〜父親の記憶を辿る旅〜:20060914−最終回

北海道でのついに最終日がやってきた。
まあ最終日と言っても滞在自体は3泊4日。フェリーを含めて5泊6日の旅。
天気はちょっつと物悲しい雰囲気の曇り空で今にも泣き出しそうだ。
まずは夕張メロン城へ。
親父が幼少時代を過ごしたエリア。
そして、通っていた小学校のあった場所。
昔の雰囲気はわからないが、夕張メロン城はなんとなく寂しい雰囲気だった。
小学校跡地という「石碑」と言えばいいのだろうか?
その前で写真を撮る。
     ???
次に向かった場所は「石炭と炭坑の歴史村」という観光スポット。
夕張市がおよそ12億円を投入し建設したテーマパークだ。
さすがにお金をかけただけあったそれなりではあったが、
ある意味それなり以上ではなかった。
     ???
歴史村を出る頃にはついに雨が、、、、。
しかし、雨は最終日でよかった。
よくはないが、これもいつかは思い出の1つとなりうる日が来るでしょう。
     ???
苫小牧のフェリーターミナル到着は午後4:00。
出発までをぼんやりと過ごし、往路の反省から
乗り込んだらすぐ眠る事を決意。
そのためのおつまみを購入し、乗り込み後ビールを買い込み
すぐに眠ったが、約3時間後に目覚める。
待っていたのは最悪というゲロ地獄。
台風の影響で半端じゃなくフェリーが揺れていた。
本当にあり得ないくらい気持ちが悪かったな〜〜〜。
     ???
ということで北海道シンプルレポートはここに終了。
詳しくは「タンデム通信」にて。
最後はフェリーであまり気持ちよくなかったが、
北海道はバイク乗りにとって最高の場所ということを実感した旅であった。
そして、親父の事を考えると「なんでもう少し早く、、、
ということも感じる旅でもあった。

f0046250_1124359.jpg


f0046250_1125233.jpg


f0046250_11253971.jpg


f0046250_1125559.jpg


f0046250_1126717.jpg


f0046250_11261813.jpg




by bikechin | 2006-10-21 09:08 | タンデム | Comments(0)

北海道シンプルレポート〜父親の記憶を辿る旅〜:20060914−5

お風呂から出て近くを散策するつもりであったが、
夕食の時間が迫っていたため部屋でのんびり。
5:30頃にレストランへ。
今回のプランは2食付きプランのため夕食も楽しみの一つだ。
と言ってもバイキング形式なので最初はどうだろう?
というイメージを持っていたのであるがさすがここは北海道!
スケールが違った。
今までに味わったことのないくらい豪華なバイキングであった。
  (少し大袈裟か!)
たらふく食べてしこたま飲んで北海道の夜は更けていくのであった。
そういえば部屋から外を見ていたら野生のシカが5匹〜6匹前後山から下りて来て
餌かどうかわからないが草をモシャモシャしていた。
これにはびっくり。こういうところでも北海道を実感した。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_19231348.jpg


f0046250_19233511.jpg


f0046250_19234819.jpg


f0046250_1924026.jpg


f0046250_19241298.jpg


f0046250_19242433.jpg




by bikechin | 2006-10-18 19:24 | タンデム | Comments(0)

北海道シンプルレポート〜父親の記憶を辿る旅〜:20060914−4

落ち込んでいても時間は過ぎていくもの。
夕張のホテルに午後3:00くらいにチェックイン。
すぐ東京のバイクショップにTEL。
状況を一通り説明しなんとか落ち着きを取り戻す。
(後日談であるが最終的に修理に2万円ほどかかってしまった。
 修理というよりは壊れた左に相当するものが輸入物のため日本にはなく、
結局左も右も新品に交換。フ〜〜〜。ちなみに日本製に変えました)
     ♬♬♬
マウントレースイというホテルなのであるが、夕張駅の目の前。
想像していた夕張は意外にも意外???
はっきり言って駅も無人駅でとても小さく、町には出なかったが
町ってどこにあるの?みたいなようなところだったかな?
しかし、そんな中にあってホテルは立派だった。
連休というせいもあったかもしれないが、ネットの予約状況で見る限りは満室だった。
リクエストを出していたので部屋は最上階(と言っても6階)だったし、
眺めもよかったし、
禁煙ルームのリクエストも出していたのであるが、元々禁煙ルームはないらしく
部屋の消臭で対応してくれた。
夕食まで時間があったので近くを散策するつもりであったが、
とりあえずお風呂ということで、ホテル自慢の「レースイの湯」へ。
ここの施設は日帰りもやっていてそれなりに満足。
お風呂は内風呂と露天。そして、ミストサウナ。
それぞれの洗い場にしきりがあり隣の人が見えないというのは◎。
露天風呂はというと多少狭さはあったが、人が少なかったせいか、
あまり気にならずそれなりの開放感があり、気持ちよかった。

、、、、、続く、、、、。

f0046250_18542631.jpg


f0046250_18551772.jpg


f0046250_1858624.jpg


f0046250_18581850.jpg


f0046250_18583620.jpg


f0046250_18584868.jpg


f0046250_18585984.jpg




by bikechin | 2006-10-10 22:58 | タンデム | Comments(0)

北海道シンプルレポート〜父親の記憶を辿る旅〜:20060914−3

R237号線〜R38〜R452で夕張へ。
途中「熊出没注意」の看板にサプライズ。そこで事件は起こった。
まあ事件というほどのことでもないが、いきなり路上にキタキツネが登場。
これに大興奮。
「キタキツネ、キタキツネ、キタキツネ」の連呼にタンデムシートの彼女が反応し
減速してバイクを停めようと思ったがバランスを崩し転倒。
総重量300kgにもなるバイクをなんとか起こし上げ、
キタキツネもそっちのけでバイクの傷チェック。
なんとか俺も彼女も無傷であったが、バイクが、、、。
フォグランプの左側ガラスが見事に割れていた。
これにはなんとも言えない大ショック。
身体が無事だったことやエンジンがかかったことを
喜ぶべきなのであろうが、この時ばかりはそうはいかなかった。
なんとかキタキツネの撮影に成功はしたものの、
その後、夕張のホテルにたどり着くまでの気分は最悪。
誰が悪いわけでもないが、、、転倒したことは諦めるとして
やっぱりフォグランプが割れた事がショックだった。
おそらく何も影響がなければ全く落ち込む事はなかったのだろうけど、、、。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_1494884.jpg


f0046250_150912.jpg


f0046250_1502356.jpg


f0046250_150448.jpg


f0046250_1505825.jpg




by bikechin | 2006-10-05 22:35 | タンデム | Comments(0)

北海道シンプルレポート〜父親の記憶を辿る旅〜:20060914−2

次の日の朝は早起きして近所を散歩。
歩いてるだけで北海道を実感。美瑛最高でしょう。
朝食後、出発まで時間があったので宿で飼っている黒ラブとドッグランで遊ぶ。
フリスビーしたりボウル投げしたり満喫。
広い土地にワンちゃんとの生活は憧れだ。
ワンちゃんも限定されるが、、、。あえてここではふれまい。
     ♬♬♬
チェックアウト後、最終宿泊地の夕張に向かう。
広い北海道を3泊4日で巡るにはもちろん限界があるが、
元々最初からの計画では夕張を中心に巡る予定だったので、
ある意味、小樽や美瑛はオプションという感じか???
何故夕張?かというと自分の親父の育った町だからである。
どうしても訪れたかった、、、、しかし、ほんの少し間に合わなかった、、、。

、、、、、続く、、、、、。

f0046250_024467.jpg


f0046250_025199.jpg


f0046250_0251441.jpg




by bikechin | 2006-10-02 14:08 | タンデム | Comments(0)

バイクと犬と音楽と
by bikechin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

検索

ブログパーツ

最新の記事

本日の宿完成
at 2017-05-25 16:00
daisy band PV ..
at 2017-05-09 20:06
daisy band PV ..
at 2017-05-09 20:05
daisy band PV ..
at 2017-05-09 20:04
daisy band 宮ヶ瀬..
at 2017-05-09 20:04
daisy band 宮ヶ瀬..
at 2017-05-09 20:03
daisy band & b..
at 2017-05-09 20:02
お散歩中です
at 2017-05-07 18:34
ベンチにてお昼寝
at 2017-05-06 13:44
ルピナス畑にて
at 2017-05-06 10:35
何?
at 2017-04-10 01:05
覗かれてます
at 2017-04-10 01:01
daisy band & b..
at 2017-03-12 16:39
デイジー…ご飯要求中です
at 2017-03-10 07:49
散歩中
at 2017-02-26 14:53
散歩中
at 2017-02-26 14:49
daisy band & b..
at 2017-02-25 20:04
撤収
at 2017-02-17 10:47
おはようデイジー
at 2017-02-17 07:35
本日の宿…完成
at 2017-02-16 17:20

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

ブログジャンル

最新のコメント

コメントサンキューです(..
by bikechin at 13:10
コメントサンキューです。..
by bikechin at 09:57
お利口さんに乗ってますね!
by くじら@びーすけの飼い主 at 21:09
コメントありがとうござい..
by bikechin at 00:44
デイジーちゃん素敵なパパ..
by 郵便局 at 12:59
デイジーちゃん素敵なパパ..
by 郵便局 at 12:59
コメントありがとうござい..
by bikechin at 18:56
コメントありがとうござい..
by bikechin at 00:45
田代の服部牧場って わか..
by yumeirobana at 22:35
田代の服部牧場って わか..
by yumeirobana at 22:35

ファン

最新のトラックバック

タグ

(2)